初の台米日戦略対話 台湾の游立法院長「中国の現状変更抑止を」 連携呼び掛け

2021/07/29 12:28
29日の「台米日戦略対話」に参加した游立法院長=同院提供
29日の「台米日戦略対話」に参加した游立法院長=同院提供

(台北、東京中央社)台湾や米国、日本の国会議員による初の「台米日戦略対話」が29日午前、リモート会議形式で開かれ、超党派議員連盟「台日交流聯誼会」会長の名義で参加した游錫堃(ゆうしゃくこん)立法院長(国会議長)は日米に対し、インド太平洋地域の全ての民主主義国家に「台湾海峡の有事の際には即座に台湾を承認する」と一丸となって中国に警告するよう働き掛け、これらの方式によって、武力での一方的な現状変更を試みる中国の意図と行動を抑止するよう呼び掛けた。

戦略対話は日本の超党派議員連盟「日華議員懇談会」(日華懇)の呼び掛けにより開催された。台湾からは台日交流聯誼会のメンバー、米国からは前駐日大使のハガティ上院議員らが参加した。日本は日華懇会長の古屋圭司元国家公安委員長のほか、サプライズゲストとして安倍晋三前首相が出席。安倍氏はスピーチで、世界保健機関(WHO)総会や環太平洋経済連携協定(TPP)などへの台湾の参加に支持を表明し、台湾を重視する姿勢を示した。

(范正祥、楊明珠/編集:名切千絵)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。