台南市長、在留日本人への優先接種を表明 対策本部「検討する」/台湾

2021/06/04 12:37

日本政府が英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンを台湾に提供する方針を固めたと日本メディアで報じられたのを受け、黄偉哲(こういてつ)台南市長は3日夜、フェイスブックで、台南在住の日本人にワクチンを優先的に接種する考えを表明した。これに対して台湾のコロナ対策を統括する中央感染症指揮センターの陳宗彦(ちんそうげん)副指揮官は4日午前の記者会見で、「国内の感染状況や国際間の友好関係を合わせて検討する」と述べた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。