台湾、旅行見本市への参加を拒否 主催者による一方的な名称変更で

2020/10/08 15:17

非営利の広域観光団体、太平洋アジア観光協会(PATA、本部バンコク)が台湾の参加名義を「台湾海峡観光協会」に予告なく一方的に変更したことを背景に、台湾側が旅行見本市への参加を取りやめていたことが8日、分かった。交通部(交通省)観光局が明らかにした。行政院(内閣)の丁怡銘報道官は同日、国家の尊厳は犠牲にできないとし、行政院として観光局の決定に支持を表明した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。