山口や宮城の両県議会、台湾のWHO参加支持を日本政府に呼び掛け 台南市が感謝

2020/07/14 18:44

山口と宮城の両県議会が今月上旬、台湾の世界保健機関(WHO)への参加支持を日本政府に求める意見書を相次いで可決した。両県と交流を持つ台南市の黄偉哲(こういてつ)市長は、両県議会が実際の行動で台湾を支持してくれたとして、「大変感謝する」と謝意を表明した。同市が13日、報道資料を出した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。