宜蘭県議、釣魚台赴いての領有権主張も辞さず/台湾

2020/06/14 15:18

釣魚台列島(日本名:尖閣諸島)の領有権問題で、列島を管轄する北東部・宜蘭県の蔡文益県議(野党・国民党)は13日、同列島に赴き、主権を主張することも辞さない考えを示した。来月7日に予定しており、蔡英文総統や林姿妙宜蘭県長、漁業関係者も招待するとしている。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。