統一地方選で民進党大敗 頼清徳行政院長が辞意/台湾

2018/11/24 21:16

24日に投開票が行われた統一地方選挙で、与党・民進党の劣勢が伝えられたのを受け、頼清徳行政院長(首相)が同日夜、蔡英文総統に辞意を表明したが、慰留された。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。