台南市長「わたしは親中愛台」発言が波紋 総統府「見方は同じ」/台湾

2017/06/07 16:04

与党・民進党所属の頼清徳台南市長が5日、市議会で「わたしは親中で、反中ではない。親中愛台だ」と発言し、波紋が広がっている。総統府は発言に対し、総統府がこれまで有してきた見方と一致していると理解を示した一方、野党・国民党の幹部は政治的誠実性が全くないと批判している。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。