アプリで読む
ダウンロード

台湾の高校生、開校記念祭にナチ軍服 イスラエルが強く非難

2016/12/24 16:21

新竹市の光復高校で行われた開校記念祭のコスプレイベントで、一部生徒がナチス・ドイツの軍服を模した衣装を着用したことが、波紋を広げている。24日には駐台北イスラエル経済文化弁事所(大使館に相当)が厳しく非難し、台湾はホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)の歴史と意味を教えるべきだと呼びかけた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.202