日本から漁民守れ 台湾、沖ノ鳥礁に巡視船派遣へ 漁船拿捕受け

2016/04/29 14:44

台湾漁船「東聖吉16号」が沖ノ鳥礁(日本名:沖ノ鳥島)近海で日本の海上保安庁に拿捕(だほ)されたのを受け、行政院(内閣)海岸巡防署(海上保安庁に相当)は29日、沖ノ鳥近海への巡視船派遣を決定したと発表した。来月1日に高雄港を出発し、農業委員会の漁業練習船と共に警護などを行う。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。