アプリで読む
ダウンロード

花蓮で菜の花が見頃 春節連休中の行楽スポットに 色鮮やかな花のじゅうたん

2024/02/06 17:06
林業・自然保育署花蓮分署提供
林業・自然保育署花蓮分署提供

東部・花蓮県の森林パーク「大農大富平地森林園区」で菜の花が相次ぎ開花し、色鮮やかな花のじゅうたんが広がっている。農業部(農業省)林業・自然保育署花蓮分署は春節連休(8日~14日)期間に訪れてほしいと呼びかけている。

同森林パークは台湾初の平地林。面積約1250ヘクタール、園内には20種類近く100万本を超える木々が植えられている。最近は辺り一面が黄色と緑の菜の花で埋め尽くされ、菜の花畑に点在する地元在住の芸術家が手掛けた作品「永恆的忻星Mayaw Kakalawan」もあいまって見る人を魅了し続けている。

同作は台湾原住民(先住民)族アミ族出身の達鳳‧ 旮赫地(Tafong Kati)さんが故郷のために創作したもの。作品には先祖を思う気持ちが込められているという。

同署は、パーク内は高低のない平らな土地が広がり、自転車道も整備されているため、風を切ってサイクリングを楽しむことができるとアピールした。

(李先鳳/編集:荘麗玲)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.201