アプリで読む
ダウンロード

おせち商戦始まる レストランやホテル、趣向凝らして消費者にアピール

2023/12/29 18:14
アワビやフカヒレ、イセエビ、ノコギリガザミ、ハタなどを使ったおせち料理=29日、郝雪卿撮影
アワビやフカヒレ、イセエビ、ノコギリガザミ、ハタなどを使ったおせち料理=29日、郝雪卿撮影

来年2月10日は旧正月。台湾では旧暦の大みそか(来年は2月9日)におせち料理を食べる習慣がある。近年はおせち料理を各家庭で作らずに外で購入する消費者が増えており、レストランやホテルなどはそれぞれ趣向を凝らした独自性をアピールしている。

結婚披露宴会場などを運営する新天地餐飲グループではアワビやフカヒレ、イセエビ、ノコギリガザミ、ハタなどの食材を使った豪華な商品を販売。来年2月5日までに予約すると千台湾元(約4600円)安くなるキャンペーンも行っているとしている。

(郝雪卿/編集:齊藤啓介)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.104