アプリで読む
ダウンロード

小籠包をかたどったろうそく 本物そっくり 米で開催の試験的夜市で完売

2023/09/18 18:37
本物の小籠包とそっくりな手作りのろうそく
本物の小籠包とそっくりな手作りのろうそく

米サンフランシスコ市西部のサンセット地区で現地時間15日、異国情緒あふれるナイトマーケットが開催された。台湾人女性が手作りした小籠包(ショーロンポー)や焼き餃子をかたどったろうそくも販売され、そのかわいらしさと香りの良さで来場者から人気を博した。

イベントは同市市議が台湾のナイトマーケットから着想を得て、自身の選挙区で実験的に開催したもの。70を超えるブースが集結し、各国のグルメや手工芸品などが売られた。

小籠包や焼き餃子の形をしたろうそくは現地在住の台湾人女性、呉依倢さんが制作した。原料は大豆。蒸し器に入れて展示され、立ち寄った女性からは相次いで「かわいい」との声が上がっていた。この日用意された約120個は全て売り切れた。

小籠包をかたどったろうそくを手作りした呉依倢さん
小籠包をかたどったろうそくを手作りした呉依倢さん

呉さんは2012年にニューヨークに留学。17年から夫と共にフランシスコで暮らしている。年初からインターネット上で手作りろうそくを販売している。昨年台湾に戻った際、ろうそくや石鹸の制作に熱中している姉に触発され、「アジアの文化を特色とした商品を開発しよう」とのアイデアを思いついたという。

(張欣瑜/編集:荘麗玲)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.7