台湾、卵を抱いたカニの捕獲禁止 8月1日から年末まで

2022/08/02 18:31

台湾では1日から12月末まで卵を抱いたカニ類の漁獲は禁止される。水産資源の持続可能な利用を図るためで、誤って捕獲した場合は生死を問わず直ちに海に戻すことが求められる。違反した場合は最大で15万台湾元(約65万5000円)の過料が科される。(編集:荘麗玲)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。