山地で霧氷 台湾とは思えない銀世界広がる

2022/01/12 18:22

中国大陸から寒気団が南下した影響により、北東部・宜蘭県と台中市の境界にある思源埡口では12日早朝、樹木に氷がはりつく霧氷が見られ、少なくとも500メートルにわたって銀世界が広がった。撮影した沈張鴻さんによると、霧氷はお昼ごろには解け始めたという。公路総局の情報では、路面は凍結しておらず、通行に支障はないとしている。

(写真:沈張鴻さん提供/編集:齊藤啓介)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。