台湾自主開発の練習機「勇鷹」、台東に初飛来 航空ファンら大興奮

2021/11/30 18:49

漢翔航空工業(中部・台中市)が開発、製造した新型高等練習機「勇鷹」が29日、台東志航基地に初飛来した。雨天ながらも基地周辺には県内外から航空ファンや軍事ファンが詰め掛け、歴史的な瞬間をカメラに収めていた。台東では放水アーチの演出が予定されていたが、悪天のため中止となった。軍事ファンの林さんは、勇鷹について、数年ぶりの国産軍用機だと指摘。外観や塗装も美しいと魅力を語った。

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。