陽岱鋼、米独立リーグへ 巨人退団、新天地に「自身は幸運」/台湾

2022/02/24 13:57
巨人時代の陽岱鋼
巨人時代の陽岱鋼

(ロサンゼルス、台北中央社)元日本ハムで、昨季をもって巨人を退団した陽岱鋼外野手(35)を米独立リーグのアメリカン・アソシエーションに所属するレイクカントリー・ドックハウンズが獲得した。球団が23日、公式サイトで発表した。

昨季で巨人との5年契約が満了。近年は目立った結果を残せておらず、昨季の出場は7試合にとどまっていた。巨人は今季も契約を結ぶ意向を示したものの、陽が退団を申し出た。

ドックハウンズのジム・ベネット監督は「陽岱鋼と契約できたことに非常に興奮している。日本のプロ野球で16年プレーした経験を持つ選手を獲得できたのは、チームとリーグにとって非常に特別なことだ」とコメントした。

陽はマネジメント会社を通じ、「自身は非常に幸運だと思っている」とコメント。「これまで大胆な決定をするよう努めてきた。このような旅は今後の計画にとって良いものになると信じている。未来の一日一日を楽しみにしている」とも語った。

(楊啓芳/編集:楊千慧)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。