ビビアン・スー、来年5月に台北アリーナ公演 デビュー以来初/台湾

2021/12/02 18:04
ビビアン・スー=2020年9月撮影
ビビアン・スー=2020年9月撮影

(台北中央社)女優で歌手のビビアン・スー(徐若瑄)は1日、台北アリーナ公演を来年5月7日に開催するとフェイスブックで発表した。台北アリーナでソロコンサートを開くのは芸能界デビュー以来初。

ビビアンは1990年、台湾のテレビ局主催の美少女コンテストに参加したのをきっかけに芸能界入り。1991年に女性アイドルグループ「少女隊」の一員として正式にデビューした。後に日本での活動を開始し、1997年には「ブラックビスケッツ」のメンバーになった。「STAMINA」「Timing」などでヒットを飛ばし、1998年末にはNHK紅白歌合戦に初出場した。近年は2020年に台湾で公開された映画「弱くて強い女たち」(孤味)のエグゼクティブプロデューサーを務めるほか、初めて閩南語の歌詞に挑戦した楽曲「別人的」を発表するなど、活動の幅を広げている。

ビビアンはフェイスブックで、「私は2022年5月7日に台北アリーナでコンサートをやります!やった!!!」と日本語でも喜びをつづった。

チケットに関する情報は今月末に発表される予定だという。

(編集:名切千絵)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。