フィギュア四大陸、台北で開幕 女子SPで日本勢が上位独占/台湾

2018/01/25 15:14

欧州を除く地域の有力選手が出場する「四大陸フィギュアスケート選手権」が24日、台北市の台北アリーナで開幕した。この日行われた女子ショートプログラム(SP)では、平昌五輪日本代表の宮原知子が71.74点で首位に立ち、同じく代表の坂本花織は71.34点で2位、昨年優勝の三原舞依は69.84点で3位に付け、上位3位を日本勢が独占した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。