アプリで読む
ダウンロード

永瀬正敏、坂井真紀 “夫婦”そろって台湾映画「KANO」記者会見

2014/02/24 18:21

日本統治時代の甲子園球児らを描いた映画「KANO」が台湾で27日に公開されるのを前に、24日午後記者会見が行われ、朝到着したばかりの坂井真紀(=写真前列右2)のほか、永瀬正敏(左2)、魏徳聖(ウェイ・ダーション)プロデューサー(左1)、馬志翔(ウミン・ボヤ)監督(右1)、球児を演じた俳優たち、それに2人の子役と、日台主要キャストなどの面々がそろっての会見となった。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.107