アプリで読む
ダウンロード

台湾プロ野球・台鋼の小野寺と楽天の鈴木、日本人2投手が先発対決

2024/04/11 16:31
台鋼ホークスの小野寺賢人投手(左)と楽天モンキーズの鈴木駿輔投手=資料
台鋼ホークスの小野寺賢人投手(左)と楽天モンキーズの鈴木駿輔投手=資料

(台北中央社)台湾プロ野球は10日、南部・高雄市の澄清湖野球場で台鋼ホークス対楽天モンキーズ戦を行い、台鋼の小野寺賢人投手(元BCリーグ埼玉)と楽天の鈴木駿輔投手(元BCリーグ信濃)がそれぞれ先発した。

台鋼の小野寺は6回0/3、4被安打、6奪三振、2失点(自責点1)の好投。一方、楽天の鈴木は5回0/3、8被安打、4奪三振、2失点と粘投した。先発した2投手に、いずれも勝敗はつかなかった。

試合は七回、1点を追う楽天が2点を挙げて逆転、3−2で勝利した。

(楊啓芳/編集:中村充孝)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.19