アプリで読む
ダウンロード

台湾の景勝地、阿里山の中低標高地帯でワサビ栽培に成功 日本の品種を交配

2024/05/02 12:06
阿里山のワサビ園を視察する嘉義県の翁章梁県長(左から2人目)=同県政府提供
阿里山のワサビ園を視察する嘉義県の翁章梁県長(左から2人目)=同県政府提供

(嘉義中央社)南部・嘉義県の景勝地、阿里山の中・低標高(1000~1200メートル)地帯で、ワサビの栽培に成功した。県政府が農家と協力して日本の品種を交配。県農業処によれば、現在約5800平方メートルの土地で約4万株のワサビが栽培されているという。

同処が1日発表した報道資料によると、ワサビは阿里山の特産物で、かつては海抜2千メートル以上の国有地で栽培されていたが、その後環境保全のために栽培が禁止され、次第に姿を消していた。

県政府は2022年から阿里山郷などと協力して生産者団体「山葵生産合作社」を立ち上げ、3年間にわたるワサビ栽培復活に関するプロジェクトを推進。2千万台湾元(約9700万円)を投じて温室農場を設置し交配を行い、栽培に成功したという。年末には5万5千株まで増やせると見込んでいる。

同合作社の安淑美理事主席は、ワサビは2年栽培すると収穫できるとし、すりおろして生で食べても加工品にしても価値があると説明。茎から湿布や栄養ドリンクが作れ、根や茎はスープに入れられるとし、現在はアイスクリームを試作中だと話した。

翁章梁(おうしょうりょう)県長は、環境に影響しない集落の中で栽培を広めたいとの意欲を示しており、ワサビをこれからも阿里山の象徴にしたいと期待を寄せている。

(蔡智明/編集:齊藤啓介)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.24