日本人も多く宿泊 台北の有名ホテル営業終了へ コロナで業績悪化/台湾

2021/10/13 16:59

40年以上の歴史がある台北市中山区のゴールデンチャイナホテル(康華大飯店)は12日、新型コロナウイルスの影響により運営上の損失が続き、世界の感染状況にも改善の兆しがみえないとして、来月30日をもって営業を終了すると発表した。台湾ではコロナ禍により、ホテルの閉業が相次いでいる。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。