統一地方選/直轄6市の市長選を漫画化、候補者をモデルにキャラクターを描く/台湾

2022/11/24 17:41:02
直轄6市の市長選を漫画化、候補者をモデルにキャラクターを描く 台湾=未来数位提供
直轄6市の市長選を漫画化、候補者をモデルにキャラクターを描く 台湾=未来数位提供

(台北中央社)統一地方選挙が26日投開票されるのを前に、台湾の漫画家、ウェイ・ゾンチェン(韋宗成)さんが直轄6市の市長選を題材にした漫画を制作した。6市を「精霊」に見立て、立候補者を連想させるキャラクターが精霊を勝ち取るために戦いを繰り広げるという物語が展開される。

ウェイさんは2009年に国民党の馬英九(ばいえいきゅう)氏と民進党の陳水扁(ちんすいへん)氏の2人の総統の争いを描いた「馬皇降臨」で話題を集めて以降、選挙を題材にした漫画を次々と発表してきた。ウェイさんは中央社に対し、政治は常に台湾において大きな話題だと話す。「馬皇~」を描いた当時は、新聞に掲載される風刺漫画を除き、政治を題材とした漫画が少なかったと振り返る。SNS(交流サイト)が普及してから、政治をテーマとした作品が増えてきたのを感じているという。

新作「六都争覇2022」では、台北市、新北市、桃園市、台中市、台南市、高雄市の6市を「土地の精霊」として擬人化。台北市の争いでは、前髪を立てた「藍藍」陣営の安公子、「粗暴な言論は全く不要」と話す「緑緑」陣営の克拉克、「蚵軍」の皇三三の3人を含む12人の攻略者が精霊争奪に挑む。3人はそれぞれ今年の候補者の国民党・蒋万安(しょうばんあん)前立法委員(国会議員)、民進党の陳時中(ちんじちゅう)前衛生福利部長(保健相)、無所属の黄珊珊(こうさんさん)前台北副市長をイメージした。

今年は候補者の届け出の時間が比較的遅かったため、8、9月から今作の制作に集中して取り組んだというウェイさん。精霊からの好感度を高めるために各陣営の候補者が努力するという物語であるため、キャラクターの外見のデザイン上、美男美女に仕上げたのだという。

作品には新型コロナウイルスも登場する。候補者が精霊を追い求める上で、新型コロナがその妨げになるとの設定も盛り込まれた。

ウェイさんは、毎回の選挙戦の終盤には社会はやや緊張した雰囲気になると話す。作品の最後に出てくる「最後がどうであれ、毎日を生きていかなければならない」との言葉を紹介し、漫画を通じて心を軽くし、楽しい気分になってもらえればと語った。

漫画は30日発売。26日に台北市内の書店2店舗で先行販売される。

(王宝児/編集:名切千絵)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。