李登輝氏死去2年 史料など2千点超 政府に寄贈/台湾

2022/07/30 20:15
李登輝氏死去2年 史料など2千点超 政府に寄贈=画像は国史館提供
李登輝氏死去2年 史料など2千点超 政府に寄贈=画像は国史館提供

(台北中央社)李登輝(りとうき)元総統の死去から30日で2年となった。総統府直属の歴史研究機関「国史館」がこの日、台北市内で記念イベントを行い、李氏の手稿など膨大な史料を同館に寄贈した李登輝基金会に感謝状を贈った。

国史館によると、これまでに李登輝基金会から寄贈された李氏関連の文物や史料、図書は2000点余りに上るという。

基金会を代表して式典に出席した次女の安妮(あんじ)さんは、文物などを公共財にする必要性を強調。また父親の母校、台湾大学のキャンパス内に李登輝図書館が設立されることに期待を寄せた。

この日は、昨年8月に開かれた「李登輝と台湾民主化シンポジウム」(国史館主催)の論文集も発表された。同館は、東京外国語大学の小笠原欣幸教授による基調講演などを収録した論文集の刊行は、李登輝研究の新しい方向性の発見につながればとしている。

(温貴香/編集:羅友辰)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。