アプリで読む
ダウンロード

国安局「中国には台湾を複合的手段で威圧し続ける意思がある」

2022/03/11 14:18

ロシアによるウクライナ侵攻で台湾海峡情勢の変化に注目が集まる中、政府の情報機関、国家安全局は10日、中国共産党が最適なタイミングで介入し、利益を得ようとしているとの見解を示した。一方で、中国共産党はロシアとウクライナの戦争に乗じ、依然として台湾に対して複合的な手段で威圧し続ける意思を有していると分析した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.81