台鉄新型特急、12月29日にデビュー予定 輸送力4.6%増へ/台湾

2021/10/25 13:23
台鉄の新型特急「EMU3000型」
台鉄の新型特急「EMU3000型」

(台北中央社)台湾鉄路管理局(台鉄)の新型特急車両EMU3000型が12月29日から営業運転に投入される見通しだ。台鉄は現行より輸送力が4.6%上がると見込んでいる。

台鉄は25日の報道資料で、EMU3000型の営業投入に合わせ、12月29日以降のダイヤを調整する方針を示した。東部幹線に投入し、現在、タロコ号やプユマ号で運行されている6本をEMU3000型での運行に変更する。

ただ、まだテストが必要で、認証を取得後、乗車券の販売時期について改めて発表するとしている。

(汪淑芬/編集:楊千慧)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。