改称百年の高雄市、高層ビルに歴史写真投影 次の百年への期待込め/台湾

2020/12/12 11:25

南部・高雄市内を流れる愛河の河口に面した21階建てのビルの外壁に10日、同市の過去100年の歩みを伝える写真数十枚が映し出された。旧名「打狗」から改称して今年で100年を迎えた同市が、新たな100年へと踏み出す来年への期待を込めたカウントダウンとして、毎晩午後6時半から午前0時まで投影される。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。