エバーCA、来月連休期間のスト非実施を約束 労使交渉再開を望む/台湾

2019/05/16 17:15

エバー航空の客室乗務員が加入する労働組合は16日、決裂状態にある会社側との交渉を再開させたい考えを示した。同時に、来月7~9日の端午節連休期間中にストライキを実施しないことを約束した。同航空は同日、労組との交渉に応じる姿勢を見せ、早期の平和的解決を望むとした。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。