中華航空、12月からトランスアジア路線引き継ぎへ/台湾

2016/11/23 19:01

行政院(内閣)の徐国勇報道官は23日、林全・行政院長(首相)が臨時会議を召集し、金門-澎湖線を除くトランスアジア(復興)航空の全路線を12月1日からチャイナエアライン(中華航空)が引き継ぐことを決めたと発表した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。