台湾西部縦断の夜行急行列車、ラストラン 37年の歴史に幕

2016/08/29 13:32

台湾鉄路管理局(台鉄)が運行する夜行急行「キョ光号531次」の最終列車が29日午前6時、終点の高雄駅に到着し、37年の歴史に幕を下ろした。プラットホームでは、思い出が詰まった列車との別れを惜しむかのようにシャッターを切り続ける鉄道ファンの姿が多くみられた。(キョ=草かんむりに呂)


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。