アプリで読む
ダウンロード

ダッタンソバ新品種「台中7号」開発 加工しやすく/台湾

2024/06/20 12:20
ダッタンソバ新品種「台中7号」(左)と現在主に栽培されている「台中2号」(台中区農業改良場提供)
ダッタンソバ新品種「台中7号」(左)と現在主に栽培されている「台中2号」(台中区農業改良場提供)

(台北中央社)国内でのソバの需要の高まりを受け、農業部(農業省)台中区農業改良場は、ダッタンソバの新品種「台中7号」を開発した。現在主に栽培されている「台中2号」と比べて殻むきがしやすく、加工に有利なのが特長。先月、技術移転を公告し、申請を受け付けている。

台湾ではそば茶が親しまれている他、夏にはそばも食される。

同改良場によれば、台中2号は粒が細長く平べったい形状のため、殻むきがしにくかった。また、新品種の台中7号の1ヘクタール当たりの生産量は1950キロに上り、台中2号の2010キロとほぼ同程度となっている。

台中7号は冬の栽培に適しているという。

農業部の統計によると、国内のソバ栽培面積は727.81ヘクタール。そのうち7割でダッタンソバが生産されている。主な生産地は東部・花蓮県や北部・桃園市、中部・彰化県となっている。

(楊淑閔/編集:名切千絵)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.66