アプリで読む
ダウンロード

茨城県那珂市長、台南市を訪問 友好都市締結に向け協議/台湾

2023/10/31 14:11
茨城県那珂市の先崎光市長(左)に記念品を贈る黄偉哲台南市長(台南市政府提供)
茨城県那珂市の先崎光市長(左)に記念品を贈る黄偉哲台南市長(台南市政府提供)

(台南中央社)南部・台南市の黄偉哲(こういてつ)市長は30日、茨城県那珂市の先崎光市長ら訪問団一行5人と台南市政府で面会し、友好都市締結や交流の詳細について話し合った。台南市は、来年中に友好都市が締結できる見込みだとしている。

両市間には、台南で飛虎(ひこ)将軍として祭られている旧日本海軍の零戦パイロット、杉浦茂峰兵曹長の本籍地が現在の那珂市であることから縁が生まれた。台南市によれば、先崎市長が以前、謝長廷(しゃちょうてい)駐日代表(大使に相当)に書簡を送り、台南市との友好都市締結の意向を表明していたという。

黄市長は、友好都市締結後には文化やスポーツの分野で交流を拡大させたい考えを示した。来年、市内でゼーランディア城建設400周年を記念した行事「台南400」が開かれることを紹介し、両市の友好都市締結は同行事に華を添えることだろうと述べた。また、那珂市の学校給食で以前、台湾産バナナが提供されたことに触れ、将来的には台南産ブンタンやマンゴーなどの果物を子供たちに味わってもらえればと話した。

先崎市長は、茨城県議在任時には台湾を複数回訪問していたものの、台南を訪れるのは初めてだとあいさつ。今回の訪問では台南市の烏山頭ダムや山海圳自転車道にも足を運ぶ予定だとし、将来的に台南市とサイクリング関連の交流を持てるよう期待を寄せた。

(楊思瑞/編集:名切千絵)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.206