国慶節式典 案内係の制服に台湾の要素 カンヒザクラやウンピョウ

2022/10/04 13:48:14
国慶節式典 案内係の制服に台湾の要素 カンヒザクラやウンピョウ
国慶節式典 案内係の制服に台湾の要素 カンヒザクラやウンピョウ

(台北中央社)台北市内で3日、今年の双十国慶節(中華民国の建国記念日、10月10日)祝賀式典の案内係の衣装がお披露目された。女性の制服は、白を基調にカンヒザクラやウンピョウなど台湾の自然の要素がデザインされた。

デザイナーにはジャスティン・チョウ(周裕穎)さんが起用された。台湾人として初めてニューヨークコレクションに参加し、東京五輪で台湾選手団が開会式などで着用した公式服装も手掛けた。

チョウさんは、活発と青春をイメージしたとし、「台湾が国際社会に与える印象でもある」と説明。ウンピョウをコンセプトの出発点に据え、台湾の特色を融合させた。

今年の式典のテーマは「国を守り、共に歩む」。チョウさんは、これに合わせて柔らかさと強さを併せ持ったデザインにしたとも話す。

不規則な形をしたスカートの裾は動きに合わせて揺れ、ソフトな雰囲気を醸し出す一方で、上半身後方には貝殻のボタンをあしらった。チョウさんは貝はよろいを連想させるとし、防衛のイメージだと語った。

(王宝児/編集:楊千慧)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。