新型コロナ/オミクロン新派生型「BA.4」「BA.5」入国者から初確認「国内への影響小」/台湾

2022/06/14 13:33
オミクロン新派生型「BA.4」「BA.5」入国者から初確認「国内への影響小」 台湾=資料写真
オミクロン新派生型「BA.4」「BA.5」入国者から初確認「国内への影響小」 台湾=資料写真

(台北中央社)中央感染症指揮センターは13日、海外からの入国者から新型コロナウイルスのオミクロン株の新たな派生型「BA.4」「BA.5」が初めて検出されたと明らかにした。いずれも水際で食い止めたとしており、国内への影響は比較的小さいとの見解を示した。

BA.4とBA.5への感染が確認されたのは、2日から7日にかけて入国した30代から60代までの男女。BA.4の感染者は1人で、チリからの入国者。BA.5は4人で、米国からが2人、トルコとポーランドからが1人ずつだった。

同センター医療対策チームの羅一鈞・副チーム長は、海外でBA.4やBA.5が広がっていることに言及。現時点の研究結果から、重症化率が高いとはまだ明確に言えないものの、感染力が強いことは確認できていると指摘し、注視する必要があるとの考えを示した。また、ワクチンを接種するよう改めて呼び掛けた。

(陳婕翎、沈佩瑤/編集:楊千慧)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。