日本統治時代の医師旧居、文化施設として再利用へ 修復完了間近/台湾・台南

2021/07/11 19:01

南部・台南市内に残された日本統治時代の医師の旧居が文化施設として生まれ変わる見通しだ。市政府文化局によると修復完了間近だという。今後は地元の若者によって運営され、地域と連携して文化の拠点となっていくことが期待される。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。