カフェチェーンが偽装表示 安価な豆混ぜ販売 利益3千万円超/台湾

2019/11/27 16:46

カフェチェーン、バリスタコーヒー(西雅図極品[口加][口非])が「アラビカ種100%」と表示していたコーヒー豆に、より安価な「ロブスタ種」を混ぜて販売していた疑いがあるとして、台湾士林地方検察署(地検)が25日、関係者への取り調べを行った。問題の商品は13品目で、同チェーンが不当に得た利益は1000万台湾元(約3600万円)に上るとしている。運営会社総経理(社長)は26日、これの支払いに応じた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。