新種の台湾茶「台茶24号」 氷河期の遺存種から19年かけて育成

2019/08/07 14:20

19年の歳月をかけて育成された新種の台湾茶「台茶24号」が6日、農業委員会茶葉改良場(茶改場)によってお披露目された。チャノキは氷河期の遺存種で、「台茶」シリーズの中で初めての在来種の山茶(ヤマチャ)の茶葉とチャノキの品種となる。キノコ、アーモンド、コーヒーなど独特の香気を放つ紅茶や、柑橘系の香りを持つ緑茶などが生産でき、2年後に市場に出回る見通し。茶改場は、茶産業に新たな活力を注入したいと意欲を示している。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。