アプリで読む
ダウンロード

台湾出身の李琴峰さんの小説、芥川賞候補作に 「多くの人に読んでほしい」

2019/06/17 17:27

台湾出身の作家、李琴峰さんの小説「五つ数えれば三日月が」が第161回芥川賞にノミネートされた。候補作が17日、発表された。李さんは中央社のメール取材に喜びを明かし、「受賞の有無に関わらず、より多くの人にこの越境する小説を読んでもらえれば」と期待を寄せた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.23