台中市長、日本で花博をPR リン・ユーチュンも歌声で応援/台湾

2018/06/14 18:46

台中市の林佳龍市長は14日、同日就航したマンダリン(華信)航空の台中―成田便で成田国際空港に到着し、今年11月に開幕する台中フローラ世界博覧会(台中花博)をPRした。記者会見には、台湾出身の歌手、リン・ユーチュン(林育羣)が応援に駆け付け、「ハナミズキ」などを熱唱。歌声で開幕への機運を盛り上げた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。