宮崎県副知事が台湾で県産ブランド牛をPR 16年ぶりの輸入再開受け

2017/10/24 11:50

台湾では先月、日本産牛肉の輸入が16年ぶりに解禁された。宮崎県の郡司行敏副知事は22日、台湾の飲食業者を訪問し、同県産のブランド牛「宮崎牛」をアピールした。宮崎牛のPR大使を務める人気キャラクター・ハローキティも同行し、牛肉の魅力を伝えた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。