日本食品の輸入規制めぐる公聴会、各地で大荒れ 緩和に足かせ/台湾

2016/11/13 13:21

福島など5県で生産・製造された食品に対する輸入規制について、一部緩和の方針を示している民進党政権。12日からは野党・国民党関係者の要望を受け行政院(内閣)が全国で市民や民間団体との公聴会を開催しているが、各地で反対派の懸念の声が噴出し、大荒れとなっている。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。