アプリで読む
ダウンロード

26人死亡の観光バス火災 飲酒運転と判明/台湾

2016/07/29 14:16

観光バスが炎上し、乗客乗員26人全員が死亡した事故で、桃園地方法院検察署(地検)は29日、運転手が酒気を帯びた状態で運転していた事実を明らかにした。法務部(法務省)法医研究所による鑑識で、運転手の血液や尿、胃分泌物からアルコール成分が検出された。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.105