アプリで読む
ダウンロード

上陸容易な「レッドビーチ」で野戦射撃訓練 兵役延長後の第1期義務兵が初参加/台湾

2024/06/19 12:01
新北市林口の中福ビーチで野戦射撃訓練を行う義務兵ら
新北市林口の中福ビーチで野戦射撃訓練を行う義務兵ら

(台北中央社)実戦を想定した訓練を強化するため、陸軍第6軍団指揮部歩兵第109旅は18日、北部・新北市林口の中福ビーチで野戦射撃訓練を実施した。このビーチは上陸が容易な「レッドビーチ」の一つとされている。また、義務役の期間が今年元日に1年間に延長されて以降最初に召集された第1期の義務兵が初めて野戦射撃訓練に参加した。

訓練では91式小銃やT75K3拳銃を使用。ビーチでの作戦環境に慣れさせることなどを目的に、実弾射撃訓練を行った。初参加した義務兵は九つの穴が空いたボードを使い、膝立ちやうつぶせなどの異なる姿勢で50メートル先の標的を射撃する訓練に臨んだ。

国軍は潜在的な脅威への対応を強化するため、「レッドビーチ」とされる台湾各地のビーチで頻繁に訓練を実施している。

(游凱翔/編集:名切千絵)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.92