統一地方選/18歳公民権の憲法改正、国民投票で承認されず/台湾

2022/11/26 23:54:32
18歳公民権の憲法改正、国民投票で承認されず 台湾
18歳公民権の憲法改正、国民投票で承認されず 台湾

(台北中央社)公民権の年齢を現行の20歳以上から18歳以上に引き下げる憲法改正案の賛否を問う国民投票が26日、統一地方選挙に併せて行われた。同意票が必要数に達せず、改憲案は承認されなかった。

憲法改正案は18歳以上の国民に選挙権や被選挙権を与える内容。18歳公民権は蔡英文(さいえいぶん)政権が実現を目指してきた。憲法改正には立法院(国会)で総議員の4分の3以上が出席した上で、出席議員の4分の3以上の賛成を経た後、国民投票で有権者の過半数の賛成を得る必要がある。

今年3月、立法院で全会一致で可決され、国民投票の実施が決まった。国民投票では有権者数の過半数である約962万票以上の同意が必要だったが、開票の結果、同意が564万7102票にとどまり、不承認となることが確定した。不同意は501万6427票。

(編集:名切千絵)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。