中国軍事演習/呉外相、中国の軍事演習を非難「狙いは台湾海峡の内海化」

2022/08/09 17:11
記者会見に臨む呉外交部長
記者会見に臨む呉外交部長

(台北中央社)呉釗燮(ごしょうしょう)外交部長(外相)は9日、台北市内で記者会見を開き、中国の台湾周辺での軍事演習は「地域の平和と安全を破壊している」として「厳正にけん責する」と非難した。軍事演習の背景には数々の意図があるとし、「台湾海峡の内海化をたくらんでいる」と訴えた。

中国はペロシ米下院議長の訪台に反発し、台湾への軍事的圧力を強めている。

呉氏は、中国による台湾周辺での軍事演習は「わが国の国際法上における権利の深刻な侵害」だと指摘。インド太平洋地域の船便や航空便の正常な運行を妨げ、全世界の貨物輸送と貿易に支障を来したとし、中国の行為は「極めて無責任」だと強く批判した。

また、ペロシ氏の訪台は軍事演習の「口実」だとし、台湾海峡を中国の「内海」にしようとしていることが真の思惑の一つだと分析。事実上の停戦ラインとして機能してきた台湾海峡上の「中間線」における「暗黙の了解を具体的な行為で破壊し、その常態化を狙っている」と語った。

また、中国が東シナ海や南シナ海の内海化をも図っていることに触れ、権威主義の拡張は東南アジアや南アジア、アフリカ、中南米にまで及んでいるとし、民主主義陣営が団結して対抗することの必要性を訴えた。

(王揚宇、游凱翔/編集:楊千慧)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。