アプリで読む
ダウンロード

台湾産パイン、対日輸出が増加 市場の好みに合わせた形での輸出狙う

2022/07/06 19:31

行政院(内閣)農業委員会の陳吉仲(ちんきちちゅう)主任委員(閣僚)は6日、今年のパイナップルの対日輸出量が1万8179トンに達し、昨年より増加したと明らかにした。今後は産地でのカット加工を強化し、日本の市場のニーズに合わせた形での輸出を進めていきたい考えを示した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.66