台湾・花蓮市 鹿児島県伊佐市とオンライン交流 友好都市の締結に期待

2022/05/13 13:09
伊佐市とオンライン交流する魏嘉賢花蓮市長(右2)=花蓮市公所提供
伊佐市とオンライン交流する魏嘉賢花蓮市長(右2)=花蓮市公所提供

(花蓮中央社)東部・花蓮県花蓮市は12日、鹿児島県伊佐市とオンライン形式で交流を図った。魏嘉賢(ぎかけん)花蓮市長は、友好都市関係の締結に期待を寄せている。

花蓮市によると、交流は台北駐大阪経済文化弁事処(総領事館に相当)福岡分処の陳銘俊(ちんめいしゅん)処長の働き掛けによって実現したという。陳氏や魏氏の他、橋本欣也伊佐市長らが出席し、双方の都市を紹介するなどした。

双方によるオンライン交流の様子=花蓮市公所提供
双方によるオンライン交流の様子=花蓮市公所提供

魏氏は、花蓮市が沖縄県与那国町や宮崎県高千穂町など世界6都市と姉妹都市、岩手県盛岡市など3都市と友好都市関係を結んでいることに触れ、国際関係への重視を強調。観光政策を進めていることにも言及し、橋本氏らに来訪を呼び掛けた。

会議に出席した外交部(外務省)の担当者は、観光や産業、教育、文化などの分野での交流強化に期待を示した。

(張祈/編集:齊藤啓介)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。