「台湾との連帯より喫緊の課題ない」=豪元首相

2021/10/09 19:24
フォーラム「玉山論壇」で演説を行うオーストラリアのアボット元首相
フォーラム「玉山論壇」で演説を行うオーストラリアのアボット元首相

(台北中央社)オーストラリアのトニー・アボット元首相は8日、台北市内で開かれたフォーラム「玉山論壇」で演説を行った。緊張が高まる台湾情勢を念頭に「台湾と連帯することより喫緊の課題はない」との考えを示した。

アボット氏は、台湾への敵意が日増しに強まる中国は、社会の高齢化や経済の成長鈍化などのため、近いうちに台湾に襲い掛かる可能性があると指摘した。その上で、「台湾がのみ込まれるのを、米国は座視していられるとは思わない。オーストラリアも台湾の人々の成り行きに無関心であるべきではない」と述べ、台湾との連帯を訴えた。

同氏はこの日、外交部(外務省)主催の記者会見にも出席。「台湾の安全が脅かされた場合、オーストラリアは軍事的援助を提供するか」との質問に対し、「台湾には友達がいることを中国に知らせる必要がある」として、南シナ海や東シナ海でのパトロール増強などオーストラリアは引き続き米国をはじめとする盟友とルールに基づく地域秩序の強化に取り組んでいくだろうと話した。

(鍾佑貞/編集:羅友辰)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。