日本からワクチン113万回分届く 台湾、接種対象を50歳以上に拡大へ

2021/07/08 18:14
日本から113万回分のワクチンが届けられた=7月8日、桃園国際空港
日本から113万回分のワクチンが届けられた=7月8日、桃園国際空港

(台北中央社)中央感染症指揮センターの陳時中(ちんじちゅう)指揮官は8日午後の記者会見で、日本から同日届いた英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンについて、検査が完了すれば、ハイリスク患者や50~64歳の人への接種を開始する見通しを明らかにした。7日間以内の検査完了を目指すとしている。

日本政府が台湾に無償提供したワクチンは同日午後に桃園国際空港に到着した。日本が台湾にワクチンを届けるのは2度目。6月4日にもアストラゼネカ製ワクチン約124万回分を空輸していた。

(陳婕翎、張茗喧/編集:名切千絵)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。