台湾、妊婦はワクチン種類選択可能 来月1日から優先接種対象を拡大

2021/06/22 16:44

中央感染症指揮センターは22日、新型コロナウイルスワクチンの優先接種対象を来月1日から拡大すると発表した。国家の安全や正常な社会機能の維持に関わる人や65~74歳の高齢者、2回目の接種者などが新たに接種可能になる。また、現時点で優先接種対象となっている妊婦について、英アストラゼネカ製と米モデルナ製から希望するワクチンを選択可能にすると明らかにした。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。